無人航空機(ドローン)による空撮事業部

空撮事業部 Sky waves

平成27年12月10日施行の改正航空法により、ドローンを飛行させる空域によっては所定機関による事前の許可及び承認が必要となりました。

当社空撮事業部「Sky waves」では改正航空法によるドローン飛行禁止区域での飛行許可を全国を対象に包括申請し、国土交通省より承認を得ておりますので、日本全国で安心して空撮・調査、4Kのビデオ空撮等をお任せいただけます。

「Sky waves」では安全に空撮を行うために事前確認や現場の状況、天候などを判断した上で安全性を第一に考えた飛行を心がけております。
今まで人力でしかおこなえなかった高所での点検・確認の作業や、立入りが困難な場所へもドローンを飛行させることにより、人件費の削減や工期短縮などの業務効率化をサポート致します。

「Sky waves」では様々なニーズに合わせ、あらゆるシチュエーションでの撮影に対応してゆきますので、ぜひお気軽にご相談ください。

・日本全国での飛行許可済み

・人口、家屋集中地区、夜間飛行許可取得済み

・各種イベント会場の上空飛行は随時申請

ドローン参考動画

夜間飛行(夜間飛行許可取得済み)

日の出風景(家屋集中地区 撮影許可取得済み)

森林風景

ドローン飛行テスト

Sky wavesで撮影制作したイメージ動画です。
沖縄県水納島にて撮影。
このようなPVも制作できますので、会社や学校記念行事などにご活用ください。

フライト条件について

ドローンによる空撮とは言っても、どのような場所・状況でも自由に飛行して撮影できる訳ではありません。
ドローンによる空撮は「安全第一」の基に成り立っています。
そのため、以下の場合にはドローンによる空撮には制限を受けることをご確認ください。

気象条件

雨天、降雪、霧は不可
風速5m/s以上不可

撮影条件

●飛行高度:0m~150m
 (天候等で左右されます)
●飛行時間 : 1フライトにつき約15分~20分
●撮影可能時間帯:朝方から夕方3時くらいまで。(時期によって異なります)
※夜景等の夜間飛行はこの限りではありませんのでご相談ください。
●撮影エリア:パイロットから半径200m圏内目安

届出・申請が
別途必要な場所

●空港の管制区
●管制圏
●世界遺産・世界自然遺産
●歴史的重要文化財建築物
●飛行制限のある公園や施設等

自主規制

●繁華街・住宅密集地
●イベント会場上空
●人口密集地
●観光地
●電波障害発生地(都心ビル群地)
※弊社及びパイロットが危険と思われる場所につきましてはご辞退申し上げる場合が有ります。
その他、時間・場所・高度により制限があります。
詳細はお問い合わせください。

保険について

ドローンを使用した業務は一部危険を伴います。
定期的に点検フライトを実施して安全な取り扱いをしておりますが、万一の不測の事態に備え業務用空撮賠償責任保険に加入しております。
●対人賠償(1事故1名につき上限1億円)
●対物賠償(1事故につき上限5千万円)

成果品について

編集納品は事前の打ち合わせによって最終的なフォーマット(動画、静止画)を決定します。
以下は撮影、作成可能なフォーマット一覧です。
●静止画
1200万画素
ファイル形式:JPEG
●動 画
UHD (4K):4096x2160p24/25, 3840x2160p24/25/30
FHD:1920x1080p24/25/30/48/50/60
HD:1280x720p24/25/30/48/50/60
ファイル形式:MP4/MOV (MPEG-4 AVC/H.264)

著作権について

ご依頼いただいた内容で撮影した動画及び静止画のメディア著作権は、基本的に「株式会社総商」に帰属するものとします。
クライアント様にはその動画及び静止画の使用権を許諾するものとさせて頂きます。

料金プラン

撮影機体:DJI PHANTOM4 PROを使用の撮影料金です。

★1フライトでの写真撮影は15枚程となります。

★1フライトの飛行時間は天候・気温にて変動致します。

★撮影データはSDカードでの納品となります。

★PHANTOM4 PRO 2機で同時撮影可。

★編集納品は別途お見積り致します。

★撮影場所により交通費別途となります。

★1フライトでの写真撮影は15枚程となります。

★料金プランは税別価格です。

※詳しくはお気軽にお問合せ下さい。

料金プラン

撮影機材等

DJI PHANTOM 4 Pro カメラ付き3軸ジンバル

DJI PHANTOM 4 Pro カメラ付き3軸ジンバルの画像
飛行スペック

●飛行時間最長約30分
●フライト時重量 1.39kg
●最大風圧抵抗 10 m/s

ジンバル

●操作可能範囲
チルト:-90°~+30°

静止画像

●最大静止画解像度
16:9アスペクト比:5472×3078

4K動画

●3840×2160 30p 100Mbps
●視野角 84°

パイロット

●国土交通省 登録操縦者 2名
 ・中郷秀範
 ・花田光紀

ロケスタッフ

●補助スタッフ 4名~

主な空撮の利用例

・環境調査(足場が悪く、立ち入りが困難な山間部などの現況確認)

参考画像

・建造物等のひび割れ・錆の調査など保守メンテナンス

参考画像

・河川状況の調査確認

参考画像

・各種イベント撮影。店舗・住宅・マンションの眺望をイメージした販促用写真

参考画像

・橋梁や高架・ダムなどの高所やコンクリート壁面のメンテナンス

参考画像

・建設・土木現場の全体写真(作業工程を記録した映像等)

参考画像

・老朽建築物の調査撮影、家屋倒壊現場など、立入制限エリアでの状況確認

参考画像

・洪水や土砂崩れ、災害現場の捜索活動

参考画像

・ゴルフ場のPR撮影、観光名所のPR撮影

参考画像

・・等々、様々なシーンにご利用いただいています。